貧血持ちだと妊娠しにくい?

MENU

貧血持ちだと妊娠しにくい?

 

特に女性に多い貧血ですが、貧血になりやすい方は妊娠しにくいという話があります。貧血と妊娠は本当に関係があるのでしょうか。

 

不妊治療を受けている方に多い貧血

 

最近では不妊治療を受けている方は珍しくありません。治療を受けている方の傾向を調べると、多くの方が貧血という報告があります。とあるクリニックでは不妊治療を受ける人の約90%が貧血持ちであるという結果が出ています。

 

元々女性は生理などの要因で、男性より貧血になりやすい身体です。不妊に悩んでいる方が貧血であっても珍しいことではないように思えますが、この貧血が妊娠を阻害している場合があるのです。

 

貧血の中でも多い「鉄欠乏性貧血」

 

貧血にも種類がありますが、貧血の中でも一番多いのが鉄欠乏性貧血です。鉄欠乏性貧血は、何らかの理由で鉄の吸収が不十分な時や、生理などの出血で体内の鉄分が低下した時に発症します。

 

鉄は身体へ酸素を運ぶヘモグロビンの元となるので、鉄が不足することで体内が酸欠状態となり、貧血が起こるのです。

 

鉄欠乏性貧血になると、倦怠感、めまい、耳鳴り、動悸、息切れなどの症状が起こります。改善法としては、鉄分を意識して摂取する、バランスの良い食事を摂るという、食事中心の対策が必要にです。

 

不妊と貧血の関係

 

貧血は鉄分が足りない状態であるというのは先述のとおりですが、妊娠する際に鉄分は非常に重要な成分となります。

 

鉄分は卵細胞が成長するために欠かせないエネルギーを生成、供給する働きがあります。貧血により鉄分が不足していると、健全な卵細胞が育たなくなってしまうのです。貧血による鉄分不足は不妊の大きな原因となっているのです。