貧血に良いビタミンB6

MENU

貧血に良いビタミンB6

貧血の人に必要な栄養素は、何だと思いますか?
真っ先に鉄分と挙げる人が多いのは、頼もしいですね。

 

でも、鉄分以外にも貧血をサポートしてくれる栄養素があるのです。それは、ビタミンB群です。特に血液を運搬する役目を果たしているヘモグロビンは、鉄とたんぱく質から出来ています。

 

たんぱく質を再合成するには、ビタミンB6が絶対に必要です。だからこそ、貧血を防ぐには、ビタミンB6を補給しておかなければならないのです。

 

ヘモグロビンの働き

 

ヘモグロビンは赤血球の中にある成分で、血液を全身にめぐらせて酸素を各細胞に届けます。この働きがないと、人は生きていけません。

 

脳にも他の各部位にも、血液によって酸素が運ばなければ酸欠になって細胞が死んでしまうのです。生命の危険はもちろんですが、死に至ることがなくともどこかしらが付随の身体になってしまう可能性もあります。

 

つまり、ヘモグロビンが足りなくなると、重大な貧血を起こしてしまいかねないのです。

 

ヘモグロビンと鉄分

 

ヘモグロビンは、貧血に良いとされる鉄分とたんぱく質から出来ています。ヘモグロビンを作るために鉄分を不足させてはいけないのですが、それと同時にたんぱく質も欠かしてはなりません。

 

たんぱく質を作ってくれるのが、ビタミンB6の存在。もちろん他の栄養素もたんぱく質作りに関わっていますが、補酵素の役割をするビタミンB6が欠けてはどうにもなりません。

 

ヘモグロビンを十分に体内に供給するためにも、鉄分とたんぱく質、ビタミンB6をしっかりとっておきましょう。