貧血に良いビタミンB12

MENU

貧血に良いビタミンB12

貧血にはいろいろな種類があり、その原因も様々なのですが、中でも深刻な症状に陥りやすいのが、ビタミンB12の不足による貧血です。

 

特に問題とされているのが、巨赤芽球性貧血といわれる種類の貧血です。これは、どんな貧血状態を指すのでしょうか。

 

赤血球が巨大になってしまう

 

巨赤芽球性貧血とは、その名の通り、赤血球が通常よりも巨大になってしまうことから起こる貧血です。

 

ビタミンB12が不足してくると、血液内の赤血球作りが追いつかなくなります。このため、異常な赤血球が生まれてくるのですが、このような赤血球は未熟なままに死滅してしまうことが多いのです。

 

すると血液づくりがうまくいかないため、貧血になりやすくなります。巨赤芽球性貧血は別名、悪性貧血と呼ばれていました。

 

かつては治療法が見つからず、どうしようもない症状であったため、この名がつけられたのです。しかし今では栄養状態に気をつければ良いことがわかり、巨赤芽球性貧血という病名に変更されています。

 

現在の悪性貧血

 

かつての悪性貧血が今では巨赤芽球性貧血と呼ばれるようになったのですが、今でも悪性貧血と呼ばれる症状があります。

 

それが、胃を切除する手術を受けた人に起こりやすい貧血です。胃を切除すると、胃液に含まれる因子が減ってしまいます。

 

そのため、ビタミンB12を吸収しにくくなるのです。これにより赤血球がうまく作られなくなるので、前述したような結果となり、貧血を起こしてしまいます。